流れと注意点を紹介!福岡へ事務所移転するには

会社の拠点を変えるケースには会社の規模を大きくする、会社の規模を縮小するなどのいずれかになります。
しかし、いずれの場合も規模に合うオフィスを見つける事が大切ですし、オフィスを借りる時には家賃1年分の保証金、仲介手数料、前家賃などの高額な費用が掛かります。
福岡県の事務所に移転をするなどの場合は、オフィスの家賃相場を知っておく事が大切です。
家賃相場を知るためには、複数の物件の駅からの距離や広さ、築年数や階数などを比較する事で、1か月当たりの家賃相場を知る事が出来るようになります。
尚、引っ越し業者を選ぶ場合も相場を把握する、安い業者を見つけるためにも数社に見積もりの依頼をします。
さらに、保険の加入の有無を確認しておけば、万が一のトラブルの時でも安心です。

電話やインターネットの回線工事の手配も必要です

福岡県内への事務所移転を行う時、オフィスが決まり引っ越し業者も決まった後はオフィス内の内装工事や電話およびインターネットの回線工事を実施する必要があります。
これらの工事は引っ越しする前に行っておけば、引っ越し当日から電話を利用する事が出来ますし、インターネットの接続環境が整っている事でメールの送受信が可能になるので仕事への支障を来さないなどのメリットに繋がります。
最近のオフィスビルなどの場合、光ケーブルがオフィス内まで設置が行われており、短時間で工事が可能になる物件も増えていますが、従来のADSL回線を光ケーブルに変更する場合には事前に工事を行っておく必要があります。
荷物が搬入される前に電話回線やインターネットの工事を済ませておけば配線を行う時にも便利です。

オフィスを決めた後は引っ越し業者を決めましょう

新オフィスを決めた後は事務所移転を依頼する引っ越し業者を決める必要があります。
インターネットを使って福岡県内を営業エリアとしている引っ越し業者の検索を行い、それぞれの業者に見積もりを依頼します。
見積もりはオフィスに来て貰って計算するのが正確に金額を割り出す方法で、見積もりの依頼をする業者はそれぞれ時間をずらして来社して貰うのがコツです。
見積もりを依頼する時には必要なものと処分するものを明確にしておくと費用の節約にも繋がりますし、不要なものは買い取り業者を利用して売却するのがお勧めです。
尚、見積もりの金額は値引き交渉を行う事で価格が下がる事もあります。
この場合は、他の業者にも見積もりをしている事を営業担当者に伝えるなど引き合いに出す事で交渉がしやすくなります。

リニューアルにも新設にも幅広くお手伝いいたします。 業務効率の改善だけじゃない、リクルート効果や強みを強化します。 実績豊富な当社では物件選定から幅広い規模のオフィスレイアウト・改装を手掛けます。 当社の実績とは、事務所やオフイスのデザインや内装、各種設備工事を通して明るく働きやすい環境作りをしている事です。 共に働く仲間達と士気を高め、連帯感を共有するオフィスへ! 企業戦略に繋がる事務所の移転を福岡で探す