福岡への事務所移転が増えている理由

最近、福岡に事務所を移転する企業が増えており、いろいろな意味で注目を集めています。日本全体では、東京一極集中が続いており、ヒト、モノ、カネが首都圏に集まっている中で、地方へ拠点を移すことの背景にはどのようなことがあるのでしょうか。
東京を中心とする首都圏は人口が多すぎて、オフィスを借りる際のコストが高額になり、通勤ラッシュなどもひどく、従業員が住む場所も狭くなりがちです。
このような背景から、地方にオフィスを移して、さまざまなコスト削減を行い、従業員が生活しやすい環境を整える方が経営効率が向上すると考える経営者が多くなっています。インターネットの普及によって、自宅からオフィスに通う必要性が年々低くなっていることも、福岡などの地方への事務所移転が行われている理由の一つです。

地方都市へのオフィス移転の効果

インターネットの普及によって、テレワークと呼ばれる在宅勤務の形態をとる企業が多くなっており、一つの事務所に集まって仕事をする必要性が薄れてきていると言われています。電話やメールだけではなく、スカイプなどのテクノロジーによって、打ち合わせや会議なども自宅やオフィスとは別のところから簡単に参加できるようになっています。
東京を中心とする首都圏から、地方都市にオフィスを移す企業が増えているのも、このような理由が背景にあります。また、地方都市にオフィスがあることで、従業員が通勤ラッシュに苦しめられることが少なく、広いところに住んで豊かな生活を送ることが可能である点も注目されています。
地方都市であれば、待機児童などの問題も少ないため、子どもが育てやすいということもあります。

オフィスを移す先の地方都市の選び方

東京などの首都圏にオフィスを構えている会社が、拠点を地方都市に移す場合、どこにするかというのは大きな経営判断になります。まず、交通アクセスが良好であり、主要な金融機関や企業の地方支店や支社があることが望ましいと考えられています。
その意味で、福岡はオフィスを移す先として最適であり、国際空港や新幹線などの鉄道などの交通アクセスが良好で、主な会社の支社があり、食事が美味しく、気候が温暖であることなど、生活がしやすい環境が整備されています。
従業員が住む場所も、東京などと比べて広くて安いところが確保できるため、満足度が高まり、働きやすい環境で能力を発揮できることになります。今後も、企業が地方都市にオフィスを移す際の有力な候補地であり続けると言われています。