福岡への事務所移転がオススメの理由

最近は、働き方改革という言葉が流行しており、日本人は働き過ぎで休暇を十分に消化しておらず、もっと趣味などを持って、人生を楽しむべきという考えが広がっています。
インターネットの普及によって、在宅ワークの形で働く会社員が増加しており、通勤ラッシュなどと無縁で勤務できることから、注目が集まっています。東京一極集中が叫ばれていますが、地方で業務を行う企業が注目され出しています。
東京を中心とした首都圏には、ヒト、モノ、カネが集中しており、事務所を借りるためのコストが高額になることから、福岡などの地方都市に移転する企業も出てきています。東京に拠点を構えている企業が、事務所の移転先として福岡を選ぶ理由は、いくつかあります。今回は、その背景などについて、詳しくご説明します。

東京でオフィスを構える意味が低下

東京を中心とする首都圏には、およそ3,000万人が生活していると言われており、日本の人口の約4分の1がこの地域に集まっている計算になります。高度経済成長期などの時期には、全員が一つの場所に集まって、働くことの意義があったかもしれませんが、最近はメールやメッセンジャーなどの技術が発達し、オフィスの外で勤務することが簡単になっています。
また、スカイプなどのテクノロジーによって、オフィスにいるような感じで会議や打ち合わせに参加することが可能になっており、全員が集まって何かをするという意義が薄れてきています。
それでも、多くの企業は東京の一等地にオフィスを構えて、高額な賃料を払いながら業務を行っています。小さな企業の中には、東京にいる理由を感じず、地方に移るケースが出てきてます。

地方都市に事務所を移転する際の候補地

東京などの首都圏から、地方都市にオフィスを移す際、いくつかのクリアしなければならない要件があるといわれています。一つは、交通アクセスの便利さです。飛行機や新幹線などの交通手段が不便な場所に移ってしまうと、従業員が移ることに同意してくれなかったり、新しいスタッフを雇用することが難しくなるケースがあります。
次の要件は、主要な金融機関や企業の支店や支社があることです。現在でも、顔を合わせた打ち合わせや会議を望む取引先は多いため、主な会社がある地方都市を選ぶ方がビジネス上のメリットが大きいと考えられています。
これらの要件を確認すると、福岡は非常に良好な都市ということになります。空港やターミナル駅がすぐ近くにあり、主要な企業が拠点を置いているからです。